承認ルートの種類

Streamlineでは以下の3種類の承認ルートが利用できます。

1.都度指定

事前にルートの設定は行わず、申請する時に次の承認者を指定します。また承認者も同様に次の承認者を指定することができます。次の承認者の指定がない場合、最終承認となります。
業務フローが定型化されていない業務に適しています。

2.共用ルート

最も一般的な承認ルートです。複数のフォーマットで利用(共用)可能な承認ルート。管理者が定義したルートを元に申請者がルートを選んだり、ルートを修正して利用することができます。
業務フローが定型化されている業務に適していますが、突発的な理由で承認者変更が必要な場合にも対応できる柔軟なルートです。

3.専用ルート

フォーマット固有のルートです。条件分岐設定やステップ別の入力項目制御を行うことができます。
業務フローが定型化された業務に適しています。高度に自動化を実現できますが、事前定義していない承認者に回付することはできません。

承認ルートの機能差

ルート種類 都度指定 共用ルート 専用ルート
分岐条件設定 × ×
ステップ別の入力項目制御 × ×
複数フォーマットでの共有 × ×
ルートのコピー作成 × ×
ルート管理画面への表示 × ×
申請者・承認者による承認者設定 × ×
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます: