電子承認(電子決裁)への対応

電子承認(電子決裁)システム多くの企業が業務のスピードアップや内部統制対応、ペーパーレス化による環境配慮のために

電子承認(電子決裁)システムを導入する機運が高まっています。

近年では稟議書(電子稟議)や交通費精算、勤怠管理などの代表的なワークフローだけでなく、
作業依頼や見積依頼、業務日報といった業務でも電子承認システムを導入するケースが多く目立ちます。

電子承認(電子決裁)システム導入の効果
意思決定のスピードアップ電子承認(電子決裁)システムでもっとも効果が出るのが企業の意思決定のスピードの向上です。

Streamlineは移動中や出張先からの申請・承認が

できるので出張者不在時にもスムーズに業務が流れます。(事例を見る

上記以外にもワークフローのルートの整備によって

当該案件のステータス状況がひと目でわかるように

なるといったのメリットがあります。

内部統制とコンプライアンス遵守会社規模が大きくなると経営者の目が届きにくくなるため、業務ミスや不正が起る危険性が増します。

また、株主の利益という観点から企業の内部牽制の仕組みや不正行為を防止する意味で、

電子承認(電子決裁)を利用して企業のガバナンス(企業統治)を適正に管理していかなければなりません。

Streamlineでは「内部統制 – ITへの対応」に必要となる以下の項目を満たせます。

・適切な権限者が決裁したかどうかを記録

・決裁案件が適切に処理されたかを記録

・実行内容が適正にデータベースに記録

ペーパーレス化環境への配慮や情報管理の容易さから

多くの企業でペーパーレス化が推進されています。

Streamlineを利用した電子承認(電子決裁)の導入では

以下の効果をご提供します。

・紙代、トナー代の削減

・申請状況がひと目でわかる

・管理が容易、紛失しない

・記入⇒入力の無駄削減、事務負担軽減(事例を見る