導入事例  株式会社イノベーター・ジャパン様

「必要になったらすぐフォーマットが作れるのがいいですよね。私は一番近いテンプレートをインストールして5~10分位で作っちゃいます。」

DSC_8193

partner-inov 株式会社イノベーター・ジャパン
東京・福岡を拠点に活動するテクノロジー&クリエイティブカンパニー。事業開発の支援やインターネットサービスの提供を通して、企業や社会のイノベーションを促進している。

業種 IT
目的 電子稟議、業務ペーパーレス化
規模 1 ~ 50 名

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-42-13 TAKI ビル表参道 3F
http://www.innovator.jp.net

イノベーター・ジャパン様について
IT・クリエイティブ・マーケティングの3つの分野のスペシャリストが集まり、企業のコンサルティングと、新しいオンラインサービスを開発している新進気鋭の注目企業。 働き方にもイノベーションを起こすべく、社員一人ひとりがポテンシャルを最大限発揮できる、これまでにない「会社」づくりにチャレンジしている。ドラマに出てきそうなおしゃれなオフィスは、想像性を豊かにするために空間を大切にしているとのこと。事業拡大に伴いエンジニアを募集中。
14年には大容量ファイル転送サービス「tenpu」をリリース。
「広告フリーでシンプルなデザインにすることで、各種業界の皆様にブランドイメージを損なうことなく、安心してファイル転送サービスをご利用いただけます。今後は企業のブランディングにあった専用のカスタマイズサービスを提供する予定です。」と教えてくれたのは、Streamline担当の柳下さん。
ITのスペシャリスト集団である御社がStreamlineを導入した決め手はなんですか?
「グループ会社全体でGoogle Appsを導入していたので、他のソフトだと結局別ページを立ち上げてID・パスワードの入力が必要になる。Google Appsと同じアカウントで入れるSSO連携しているサービスの中で幾つか比較しました。
その中でStreamlineは直感的で簡単でいいよね。ということだったので決定しました。グループ会社の中でIT系は当社だけで、他の会社は特にIT詳しい人間がいないので直感的に使い方が分かることがポイントでした。」
Streamlineを導入して良かった点は何ですか?
「必要になったらすぐフォーマットが作れるのがいいですよね。私は一番近い公開されているテンプレートをインストールして5~10分位でカスタマイズして自社用のフォーマットを作っちゃいます。カスタマイズの自由度が高いのも気に入っています。以前は申請がメールだったりしたので、忙しくてメールが多くなってくると忘れたり紛失したりも。Streamline入れてからは体系立てて管理できる様になりました。」
どんな業務に利用されていますか?
「SVN(作業申請書)、経費申請、稟議書など30種類ほどですね。
作業申請書はシステム会社ならではですが、例えば開発依頼を出して開発、テスト、リリースといった作業工程を管理するように使っています。あとの経費申請とか稟議書とかは他の会社と変わらないと思いますよ。」
ご要望と今後の展開について教えて下さい。
「要望としてはCSVのダウンロード項目を選びたいです。あと日付系の項目の追加もできればうれしいです。管理者権限のカスタマイズ機能もできるとうれしいです。フォーマット作成管理者とか。
今後はグループ各社でワークフローを統一していこうという流れになっています。未導入のグループ会社も今後Streamlineを導入していきます。
また、どんどん新しい事業やプロジェクトが立ち上がってくるので人も申請数も増えると思います。何かおもしろい使い方を見つけたいですね。」

PDF版をダウンロード